建設技術情報(第15期) - 前期TECH15

検索条件を変更する
展示分類/工種
出展者
出展者の一覧を見る
ダイジェスト版ダウンロード

7件中 1~7件目を表示

防災・減災・国土強靱化、インフラ長寿命化技術 / B38-前期 LSフォーム

FRC製プレストレスト長尺埋設型枠

ガラス繊維による引張強度の補強効果に加え、補強材とプレストレスの採用により、曲げ強度飛躍的に向上させた、長尺の埋設型枠。

溝幅1400mm以上2500mm以下の側溝暗渠型枠、建築、橋梁スラブ向け型枠等に使用。
ノーサポート、解体作業の解消、残材発生の解消により工期短縮に寄与。
製品重量:69kg/ 枚(W=2700)で人力による施工が可能。
重機の入らない狭小な現場や、急峻現場でも効率的に作業が可能。
耐荷重150kg/㎡。製品の上で作業が可能。

LSフォーム
インフラテック株式会社 販売促進課  担当 / 久保 潮

防災・減災・国土強靱化、インフラ長寿命化技術 / B38-前期 LSスラブ

FRC製プレストレストスラブ

ガラス繊維による引張強度の補強効果に加え、補強材とプレストレスの採用により、曲げ強度飛躍的に向上させた、超軽量プレキャストスラブ。

FRC素材にプレストレスを加えた超軽量プレキャストスラブ。
使用する幅に合わせて100mmピッチで選択できるので経済的。
表面に縞鋼板模様を施し滑りにくい。
ダイヤモンドカッターでの現場加工が容易。
設計条件(人荷重) 群集荷重:q=5kN/㎡

LSスラブ
インフラテック株式会社 販売促進課  担当 / 久保 潮

防災・減災・国土強靱化、インフラ長寿命化技術 / B44-前期 省力化かご工法【吊り式ハイパーマット】

施工ヤードで制作して容易に吊り設置ができる形状保持性能に優れた吊り式かご製品。

・NETIS登録番号CG-110022-V登録の、ハイパーマットシリーズの吊り式省力化かご工である。
・古くから多岐に使用されている石詰かご工法で、従来の菱形金網からなる柔らかいかごではなく、詰石作業等の効率を上げる為溶接金網を採用し、さらにU字型にプレスされた製品を組むことで、自立構造を有し形状維持性能に優れる。
・施工ヤードでの組立、石詰後に運搬・設置することが可能で、施工スペースが限られた現場や、道路交通制限等の短縮で、現地での作業時間の短縮が図れる。
・亜鉛アルミ合金先めっき溶接金網で構成しているため、本設土木構造物として使用可能な高い耐久性を有します。

  • 省力化かご工法【吊り式ハイパーマット】
  • 省力化かご工法【吊り式ハイパーマット】
  • 省力化かご工法【吊り式ハイパーマット】
共和ハーモテック株式会社 東京支店  担当 / 柿﨑

防災・減災・国土強靱化、インフラ長寿命化技術 / B37-前期 小型搭乗式スイーパー「アルマジロAM9DⅢ-LH」

現場内通路・現場周辺道路等の路肩清掃の安全性及び効率を高めた左運転席仕様の小型路面清掃車(スイーパー)

左運転席仕様の小型路面清掃車

従来右側にある運転席を左運転席仕様にしたことで視認性が大幅に向上します。回収物の取りこぼし減少、施工精度アップによる安全性の確保、清掃速度の向上による工程の短縮が可能となります、また、緊急避難時の退避方向が車両の通行しない歩道側となるので労働災害につながるリスクを回避することができます。

  • 小型搭乗式スイーパー「アルマジロAM9DⅢ-LH」
  • 小型搭乗式スイーパー「アルマジロAM9DⅢ-LH」
  • 小型搭乗式スイーパー「アルマジロAM9DⅢ-LH」
  • 小型搭乗式スイーパー「アルマジロAM9DⅢ-LH」
蔵王産業株式会社 営業部  担当 / 宮下

防災・減災・国土強靱化、インフラ長寿命化技術 / B36-前期 災害に強い道路橋と新補強工法

■災害に強い.メタルロード工法
■補強厚が薄い.グリッドメタル
■軽量で地震に強い、二重鋼管ダンパー

■メタルロード工法:鋼製桟道橋
■グリッドメタル:鋼板から製造されたコンクリート補修・補強材
■二重鋼管ダンパー:鋼材のみで構成された耐震・制震ブレ-ス材

■メタルロード工法:鋼管杭と鋼桁を連結した堅固なラーメン構造で床版を支える本設の道路工法です。架設が容易で、環境にもやさしい工法です。
■グリッドメタル工法:コンクリートの補修・補強材としてポリマーセメントと一体化して使用する格子鋼板筋です。増厚を薄くすることができます。
■二重鋼管ダンパー:橋のブレース部分に設置することで、地震エネルギーを吸収し、橋の耐震性を向上させます。

  • 災害に強い道路橋と新補強工法
  • 災害に強い道路橋と新補強工法
  • 災害に強い道路橋と新補強工法
JFEシビル株式会社 社会基盤事業部  担当 / 有薗・宮本・吉岡

防災・減災・国土強靱化、インフラ長寿命化技術 / B39-前期 W2R工法(ダブルツーアール)

既設側溝のリニューアル工法

側溝の不要部分を内側からカットし、新たに排水性に優れた蓋を設置するリニューアルする工法

本技術は市街地などの歩道部等の側溝蓋の破損箇所や側溝高さの変更(バリアフリ-化)箇所において、W2Rカッターで既設側溝の側壁を内側より所定の高さに切断した後、PCa蓋を設置して側溝のリニューアルを図る工法です。工事期間の短縮が図れ、既設歩道や民地、周辺住民などに対して影響が非常に少ない、安全や環境に優しい工法です。

W2R工法(ダブルツーアール)
W2R工法協会 関東支部 事務局(日本興業株式会社)  担当 / 福田

防災・減災・国土強靱化、インフラ長寿命化技術 / B45-前期 コンクリート構造物の診断技術

コンクリート構造物の長寿命化を実現するトータルマネジメントのご紹介

コンクリート構造物の調査に始まり、詳細な分析と評価から技術提案まで、長寿命化に関わる業務を幅広く実施します。

当社では、コンクリート構造物の長寿命化を推進するため、構造物の現地調査から分析試験、診断評価、補修工法提案、追跡調査に至る総合的なマネジメントを実施しています。その核となる研究拠点として、石川県金沢市に独自の「コンクリート試験研究室」を有しており、専門的な試験や分析を行っています。

コンクリート構造物の診断技術
中日本ハイウェイ・エンジニアリング名古屋株式会社 営業部営業企画課  担当 / 剱地(つるぎじ)
検索条件を変更する