建設技術情報(第15期) - 株式会社ヒロコーポレーションTECH15

検索条件を変更する
展示分類/工種
出展者
出展者の一覧を見る
ダイジェスト版ダウンロード

2件中 1~2件目を表示

防災・減災・国土強靱化、インフラ長寿命化技術 / B04-通期 ヒロ結合工法

建造物へのタイルおよび石材の剥離落下防止構造

金具を利用した建物へのタイルおよび石材の安全施工 地震時変形追従性 新築および改修

建物外壁面および内壁面へのタイルおよび石材の施工法としては、接着剤を使用する湿式張り工法と、一部に金物を使用する金物固定工法があります。しかし、従来工法は地震時の変形追従性が小さいことによりタイルおよび石材の剥落によって人身へ危険を及ぼす課題がありました。日本は地震の多発国であり大地震発生の懸念も増加している現状において、剥落の危険性を低減できる技術を開発し安全性を向上させることが大きな社会ニーズとなっています。本技術は、接着剤と穴空き金物を使用して地震時の変形追従性を確保し、且つ、タイルおよび石材の荷重に対して長期に亘り安定した強度を確保する効果があります。

  • ヒロ結合工法
  • ヒロ結合工法
  • ヒロ結合工法
  • ヒロ結合工法
株式会社ヒロコーポレーション   担当 / 小貫

防災・減災・国土強靱化、インフラ長寿命化技術 / B05-後期 乾式メタルセラミックパネル

タイル落下防止機構付きトンネル内装板

トンネル内装板 トンネル内壁 落下防止付き乾式メタルセラミックパネル 監査路

従来のトンネル内装材は下地材にタイルを接着剤のみで貼り付けたセラミックパネル使用しています。しかし、トンネル内の湿気および漏水等により接着剤の接着強度は低下してタイル剥離の危険性が増加します。本技術はタイルを金具と接着剤で固定したセラミックパネルであり、全てのタイルをステンレス製の金具で固定し、タイル剥落の危険性を長期間に亘り改善して安全性とメンテナンス性の向上を図った防災技術です。
また、本技術はトンネル監査路等の断面壁面補修において、当該セラミックパネルをモルタル注入時の型枠を兼ねたパネルとして使用でき効率化を図れます。
【NETIS登録KT-150098-A】

  • 乾式メタルセラミックパネル
  • 乾式メタルセラミックパネル
  • 乾式メタルセラミックパネル
  • 乾式メタルセラミックパネル
株式会社ヒロコーポレーション   担当 / 小貫
検索条件を変更する