建設技術情報(第15期)TECH15

防災・減災・国土強靱化、インフラ長寿命化技術 / B22-通期 半たわみ性舗装用高強度型超速硬プレミックス材『ダイヤツイン高強度』

最速2時間で強度達成!
過酷な条件下(寒冷地・港湾施設・重量交通)で威力発揮!災害に強い半たわみ性舗装用プレミクス材

半たわみ性舗装の性能アップおよび施工時養生時間短縮を可能にしたセメントミルク用プレミックス材

半たわみ性舗装は、空隙率20%~28%の開粒度タイプのアスファルト混合物(半たわみ性舗装用ポーラスアスファルト混合物)を舗設後、その空隙にセメントミルクを浸透させた舗装です。
“ダイヤツイン高強度”の施工性は従来品と変えずに、長期耐久性(耐荷性・変形抵抗性・耐凍害性等)の向上を目的に、“高強度型“として開発した半たわみ性舗装用超速硬プレミックス材です。
なお、“ダイヤツイン高強度”は、三菱マテリアル社との共同開発品です。

  • 半たわみ性舗装用高強度型超速硬プレミックス材『ダイヤツイン高強度』
  • 半たわみ性舗装用高強度型超速硬プレミックス材『ダイヤツイン高強度』
東京鋪装工業株式会社   担当 / 谷崎