建設技術情報(第15期)TECH15

Society5.0を実現する新技術 / S25-通期 i-Construction(ICT施工)の推進

ICTによる建設機械施工の高度化技術

「生産産性向上、品質確保、安全性向上」に向け建設機械に導入するICT技術の普及促進に向けた取り組み

(一社)日本建設機械施工協会(英略称:JCMA)では、「ICT(情報通信技術)の全面的な活用」等の施策を建設現場に導入することによって、建設生産システム全体の生産性向上を図り、もって魅力ある建設現場を目指す取組である『i-Construction』の推進に向け、「生産性向上、品質確保、安全性向上」等に資するICTを搭載した建設機械施工の導入・普及促進に取り組んでいます。

【ICTを搭載した建設機械施工の一例】
1)生産性向上・品質確保に向けた建設機械に導入するICT技術
衛星測位(GNSS)技術、TS等のレーザー測位技術、加速度・傾斜等のセンサ技術、3次元CAD技術、油圧制御技術等を搭載し建機操縦者への情報提供や作業装置の自動制御を行うことで、従来施工より生産性向上を図ると共に品質確保を図る。

2)安全性向上に向けた建設機械に導入するICT技術
カメラ、レーザー、赤外線、電磁波などのセンサ技術による検出、制御技術による自動減速や自動停止で安全確保を図る。近年、AI技術も利用することで検出したものを人か物かを区別し、無駄に作業が止まらない(=施工能力を低下させない)機能が開発されている。(警告サイン(音、光、振動など)や施工能力低下を嫌がってセンサや警報装置を切る行為を招かず、安全性が確保できる効果もある。)

  • i-Construction(ICT施工)の推進
  • i-Construction(ICT施工)の推進
  • i-Construction(ICT施工)の推進
  • i-Construction(ICT施工)の推進
一般社団法人日本建設機械施工協会   担当 / 梶田