建設技術情報(第15期)TECH15

Society5.0を実現する新技術 / S01-通期 i-Constructionの普段使いを支援する3次元/ICT技術

3次元計測・3次元モデルデータを活用するICT技術

【TREND-POINT】i-Constructionにより急速に普及が進む点群データの処理・活用を支援するシステムです。同一箇所の点群データや設計データ(TINデータ)を時系列的に管理し、メッシュ作成と土量計算が可能です。点高法やプリズモイダル法により、i-Construction工事の出来高管理での活用が可能となっています。
【TREND-CORE】CIMモデルを構築し、建設・土木施工業務の高度化を支援するシステムです。土木施工専用コマンドを標準装備し、属性情報を付加することで3D-CIMモデルを構築。現場を可視化し、安全性の向上や施工効率の向上、作業従事者の情報共有などで活用できます。
当該の両製品間においてデータ連携が可能です。TREND-POINTの現況点群上に、TREND-COREで計画したモデルを配置し、既設構造物等との干渉確認および計測が可能です。ドローンや3Dレーザースキャナーで取得した現況点群に対し計画モデルを配置することで、発注者や協力会社と完成イメージを共有できます。

  • i-Constructionの普段使いを支援する3次元/ICT技術
  • i-Constructionの普段使いを支援する3次元/ICT技術
  • i-Constructionの普段使いを支援する3次元/ICT技術
  • i-Constructionの普段使いを支援する3次元/ICT技術
福井コンピュータ株式会社   担当 / 榎本