建設技術情報(第15期)TECH15

防災・減災・国土強靱化、インフラ長寿命化技術 / B07-前期 延長床版システムプレキャスト工法

地震時、橋梁端部の段差を抑制することで、緊急車両の通行帯を確保する強靭化工法

橋梁橋台部の伸縮装置を土工部に移設する技術。
台背面土の沈下(段差)抑制:国土強靭化
支承劣化抑制:長寿命化
振動・騒音抑制:環境工法

《本工法の目的》
本工法(NETIS(旧)KT-090058)は、環境工法。
通過車両による橋台付近の振動・騒音抑制・伸縮装置部の漏水による桁端部・支承劣化抑制(長寿命化)、加えて「地震時の橋台背面土の沈下(圧密・液状化)による段差」を抑制し、緊急車両の通行帯を確保する国土強靭化工法である。
《構造》
底版上を橋の温度伸縮に合わせ、延長床版が移動する構造。通常、橋台部直上にある伸縮装置を、土工部に移設する構造である。
《交通規制》
本工法は車線規制での施工が可能で、交通渋滞の抑制による社会的ロスを軽減可能である。                  《効果》
東日本大震災後、延長床版設置箇所は段差がなく、延長床版の設置していない箇所(同路線の隣接橋)は段差が発生し、アスファルトで段差を解消していた。
関東地方整備局「平成23年度建設技術フォ-ラム」において東日本大震災で効果を発揮した技術(6技術)に選出。(減災・国土強靭化)
《実績》
採用実績は、新設・供用路線を含め、39橋(国交省6橋・県2橋・NEXCO31橋)。

延長床版システムプレキャスト工法
株式会社ガイアート   担当 / 若山