建設技術情報(第15期)TECH15

防災・減災・国土強靱化、インフラ長寿命化技術 / B09-通期 豪雨・地震の複合災害に備えた盛土強靭化技術

止水性および透水性地盤改良による盛土の新たな補強工法

既設堤体盛土を対象として、川表側法尻に止水性地盤改良体、川裏側法尻に透水性地盤改良体を配置することで、以下の効果により豪雨、地震時の不安定化を抑制します。
①豪雨時
・止水性地盤改良体により堤体内への河川水の浸入や法尻部の侵食を防ぎます。
・透水性地盤改良体の排水機能により、堤体盛土内の浸透水を効率的に排水します。
・透水性地盤改良体により越流や浸透による法尻部の侵食を防止します。
②地震時
・液状化などによる基礎地盤および堤体盛土の変形を抑制します。

  • 豪雨・地震の複合災害に備えた盛土強靭化技術
  • 豪雨・地震の複合災害に備えた盛土強靭化技術
  • 豪雨・地震の複合災害に備えた盛土強靭化技術
株式会社安藤・間   担当 / 小野里