建設技術情報 - 計測技術TECH

検索条件を変更する
展示分類/工種
企業等内訳
出展者
出展者の一覧を見る

5件中 1~5件目を表示

生産性向上に関する技術 / A4-1 拡張現実を用いた水中可視化システム「Beluga-AR」

「Beluga-AR」は、拡張現実(Augmented Reality:AR)の技術を応用し、3Dソナーの映像と3次元設計図面、3次元モデルを組み合わせ、水中部の計測結果をリアルタイムに3次元表示できるシステムです。
3Dソナーを使用し、50°×50°の範囲に128×128本のビームを照射することで、最大距離120mまでの計測が可能です。また、ビーム幅を24°×24°に切り替えることで、より詳細な表現をすることもできます。さらに、パンチルト装置(パン:水平、チルト:垂直方向への首振り装置)を併用することで、より広域の可視化も可能です。
また、自動ノイズ除去機能を使用することにより、水中のリアルタイムな作業状況を鮮明な3D映像で確認することができます。さらに、3次元設計図面と重ね合わせて表現することにより、作業効率や施工精度、潜水作業の向上が期待できます。

  • 拡張現実を用いた水中可視化システム「Beluga-AR」
  • 拡張現実を用いた水中可視化システム「Beluga-AR」
  • 拡張現実を用いた水中可視化システム「Beluga-AR」
  • 拡張現実を用いた水中可視化システム「Beluga-AR」
NETIS登録No. KTK-170001-A
東亜建設工業株式会社 機電部 電気グループ  担当 / 田中 孝行

生産性向上に関する技術 / A4-1 自動ベルーガ

本システムは、工具を必要としない組立式の小型双胴船と高性能測位センサーを使用し、船の自律走行を図ることにより作業人員の省力化を実現しました。
双胴船は分割搬入が可能なため、測量船の搬入が難しい現場でも対応が可能なほか、双胴船の吃水が浅いため、浅海域の測量が可能です。
水中部をナローマルチビーム測深機、陸上部をレーザーミラースキャナでそれぞれ計測することにより、湖底や浅域海底、法面部の詳細な測量が、高精度かつ迅速に行うことが可能になると共に、出来形管理測量に要する労力も大幅に軽減できます。また、自律航行や遠隔操作、手動操作の制御変更が可能なため、人が立ち入ることが困難で危険な場所でも、安全かつ正確に水中の状況を把握することができます。

  • 自動ベルーガ
  • 自動ベルーガ
  • 自動ベルーガ
  • 自動ベルーガ
東亜建設工業株式会社 機電部 電気グループ  担当 / 田中 孝行

生産性向上に関する技術 / A4-2 アスファルト舗装密度測定器「ペイブトラッカー」

アスファルト舗装における密度・締固率・空隙率の非破壊測定器

アスファルト舗装の品質管理試験として義務付けられている密度試験を現場で非破壊かつ簡単に測定できる。従来はコア採取の後に室内での密度試験を実施する必要があったが本技術の活用により、現場でリアルタイムでの品質管理を行うことが出来る上、コア採取等にかかるコストを抑えれるため工程時間短縮及び経済性向上が期待できる。
・経済性(58.11%向上) 従来技術と比較して、試験費用が低減するため経済性が向上する。
・工程(短縮66.67%短縮)従来のようにコア抜き・コア密度試験・コア補修の工程が不要となり現場でリアルタイム管理が出来るため作業時間短縮が可能となる。

  • アスファルト舗装密度測定器「ペイブトラッカー」
  • アスファルト舗装密度測定器「ペイブトラッカー」
  • アスファルト舗装密度測定器「ペイブトラッカー」
  • アスファルト舗装密度測定器「ペイブトラッカー」
NETIS登録No. KTK-160019-A
ユナイト株式会社 広域営業部  担当 / 笹原

生産性向上に関する技術 / A4-3 スマートジャッキ

省人化、ICT、非破壊試験

スマートジャッキは、ロックボルトの引張試験治具の軽量化と落下防止機能の付加及び変位と荷重のデータを無線でタブレットに送り自動保存を可能にすることで、1名での作業を可能にしました。
アンカーチェッカーとボルトテスターは、アンカーボルトの健全性が非破壊で確認できます。
ポストチェッカー2はガードレールの長さ測定、地際の腐食を非破壊で確認できます。
トルシアナットは、誰が施工しても高品質且つ生産向上を実現するナットです。

  • スマートジャッキ
  • スマートジャッキ
  • スマートジャッキ
  • スマートジャッキ
株式会社ケー・エフ・シー 技術部  担当 / 井本

生産性向上に関する技術 / A4-4 キャスポル

簡易支持力測定機

本技術は構造物などの基礎地盤の支持力計算に必要なパラメータを測定し、施工管理に活かす技術である。
構造物の基礎地盤、道路路床などの支持力を求める試験法として平板載荷試験、CBR試験などが用いられているが、試験方法が煩雑で、結果が判明するまでにかなりの時間を要する。キャスポルはその結果を直ちに施工に反映できるので施工の効率化と省力化が期待できる。

  • キャスポル
  • キャスポル
  • キャスポル
評価・証明 公益社団法人日本材料学会
「地盤改良」に関わる技術評価証明 
衝撃加速度法による支持力等の原位置評価技術
技術評価証 第1004号
株式会社マルイ 東京営業所  担当 / 木村
検索条件を変更する