建設技術情報 - アンダーパス技術協会TECH

検索条件を変更する
展示分類/工種
企業等内訳
出展者
出展者の一覧を見る

1件中 1件目を表示

生産性向上に関する技術 / B-2 SFT工法、アール・アンド・シー(R&C)工法、フロンテジャッキング工法、ESA工法

立体交差工事における低土被り施工を得意とする技術・非開削施工で立体交差をつくる技術

アンダーパス技術協会は、鉄道や道路等、既存の交通施設との立体交差化による、インフラ整備を行う施工法の改善を図り、仮設材や施工技術の標準化と、施工部材の共通化によって、工事費と工程の軽減を提案します。
紹介する4技術の共通点は、非開削により、プレキャスト等のRC構造や、セグメント構造の地下構造物を設置する技術であること、施工後の維持管理が容易であることなどです。
箱形ルーフ部材とボックスカルバートを置き換えるR&C工法とSFT工法は、地表から浅い位置にボックスカルバートを設置することが可能です。箱形ルーフ部材は、標準化されているため、押し出したあと再使用します。
フロンテジャッキング工法とESA工法は、PCケーブルを使用して、地下構造物をけん引し、非開削による立体交差施工が可能な技術です。特に、ESA工法は長距離施工を特長とした技術です。

  • SFT工法、アール・アンド・シー(R&C)工法、フロンテジャッキング工法、ESA工法
  • SFT工法、アール・アンド・シー(R&C)工法、フロンテジャッキング工法、ESA工法
  • SFT工法、アール・アンド・シー(R&C)工法、フロンテジャッキング工法、ESA工法
  • SFT工法、アール・アンド・シー(R&C)工法、フロンテジャッキング工法、ESA工法
アンダーパス技術協会 事務局  担当 / 丸田/中村
検索条件を変更する