建設技術情報 - 計測等機器メーカTECH

検索条件を変更する
展示分類/工種
企業等内訳
出展者
出展者の一覧を見る

5件中 1~5件目を表示

生産性向上に関する技術 / A2-1 高密度ネットワーク型RTK-GNSS配信サービス

基地局設置不要な高精度衛星測位技術

高密度ネットワーク型RTK-GNSS配信サービスとは、全国に設置されている電子基準点のリアルタイムデータを利用し高精度衛星測位(RTK-GNSS)に必要な補正データの提供を行う技術です。VRS方式(仮想点方式)の利用により基地局の設置が不要となり従来型の高精度衛星測位(RTK-GNSS)と同等の精度の測位が可能です。また、補正データの生成に使用する電子基準点を高密度化することにより高精度かつ安定した測位が可能となります。

  • 高密度ネットワーク型RTK-GNSS配信サービス
  • 高密度ネットワーク型RTK-GNSS配信サービス
株式会社ジェノバ 営業部  担当 / 岩田

生産性向上に関する技術 / A2-2 3次元測量システム

生産性向上を実現する測量技術及び3次元データ処理技術

土木現場において、3次元データの測量と3次元データを処理することにより生産性を向上させる技術です。
測量技術としましては、当社独自の移動体計測技術を応用し標定点を不要としたUAV写真測量システム(TSトラッキングUAV)の他、3Dレーザースキャナー、トータルステーション、GNSS測量機などを状況に応じて組み合わせることが可能です。
また、3次元モデリング化する点群データにつきましては、さまざまな機器で取得した3次元データを1つのソフトウェアで簡単に統合できる技術(MAGNET Collage)を有します。
さらに、これら3次元データはクラウド上で共有が可能で、3次元施工データの作成を容易にするほか、3次元設計データと測量データを比較させることで、出来高管理、出来形管理などを効率的に行うことができます。

  • 3次元測量システム
  • 3次元測量システム
NETIS登録No. KT-170064-A ※移動体計測技術を用いたUAV空中測量システム
KT-170034-A ※3Dテクノロジーを用いた計測及び誘導システム
KT-140022-VE ※地上型3次元レーザースキャナによる形状計測
KT-100028-VE ※リモートコントロールシステムを用いた効率的測量システム
株式会社トプコンソキアポジショニングジャパン 東京営業所  担当 / 田村

生産性向上に関する技術 / A4-4 キャスポル

簡易支持力測定機

本技術は構造物などの基礎地盤の支持力計算に必要なパラメータを測定し、施工管理に活かす技術である。
構造物の基礎地盤、道路路床などの支持力を求める試験法として平板載荷試験、CBR試験などが用いられているが、試験方法が煩雑で、結果が判明するまでにかなりの時間を要する。キャスポルはその結果を直ちに施工に反映できるので施工の効率化と省力化が期待できる。

  • キャスポル
  • キャスポル
  • キャスポル
評価・証明 公益社団法人日本材料学会
「地盤改良」に関わる技術評価証明 
衝撃加速度法による支持力等の原位置評価技術
技術評価証 第1004号
株式会社マルイ 東京営業所  担当 / 木村

生産性向上に関する技術 / A8-3 イーグル(道路性状測定車)

路面性状とトンネル覆工面を調査する技術

1台の車両で、路面とトンネル覆工面・道路付属物の調査ができる多機能型道路性状測定車。
●時速100km/hで高精細カラー撮影が可能
●一般車両の走行を阻害しないライン証明の採用で交通規制が不要

  • イーグル(道路性状測定車)
  • イーグル(道路性状測定車)
NETIS登録No. SK-160013-A
SK-170007-A
評価・証明 特許第5557054号、特許第6068099号、特許第6154001号
一般財団法人 土木研究センター 路面性能確認試験 路性証第2925号
西日本高速道路エンジニアリング四国株式会社 "営業推進本部 営業部"  担当 / 矢野

生産性向上に関する技術 / A8-3 Jシステム(赤外線トータルサポートシステム)

Jシステム:コンクリート表面の浮き・剥離を検出する技術

赤外線サーモグラフィ法によりコンクリート表面の危険な浮きを絞り込むシステム。調査は構造物の診断前・診断中・診断後の3ステップ。①診断前:「EM(S)装置」による調査可能時間の判別 ②診断中:「Jモニター」で損傷レベルを確認しながら調査 ③診断後:「Jソフト」で損傷レベルを3段階に判定。

  • Jシステム(赤外線トータルサポートシステム)
  • Jシステム(赤外線トータルサポートシステム)
NETIS登録No. SK-110019-VE
評価・証明 「平成29年度 準推奨技術」(新技術活用システム検討会議(国土交通省))に選定。

特許第4081479号、特許第4113100号、特許第4526570号、特許第5028681号、特許第5070635号、特許第5140892号、特許第5451716号、特許第5973214号
西日本高速道路エンジニアリング四国株式会社 "営業推進本部 営業部"  担当 / 矢野
検索条件を変更する