団体見学・研修OBSERVE

松戸市立牧野原小学校5年生の皆様が建設技術展示館に御来館されました。
(平成30年10月24日&25日)

2018.11.01(木曜日)掲載

松戸市立牧野原小学校5年生の皆さま(124名様)が、福祉体験学習を目的に、2クラスずつ2日間に亘り、御来館されました。クラス単位で①バリアフリー体験(車椅子&白杖体験)②災害対策車輌見学をされ、11月17日の牧小まつりにおいてバリアフリー体験で学習した福祉について発表される予定です。

日時

平成30年10月24日(水)~25日(木)9:00~11:50

御見学者

松戸市立牧野原小学校(5年生) 124名様

1日目、2日目共に、展示館内で全体説明を聞いてから体験スタートです

①-1バリアフリー体験(説明)


バリアフリー歩道の説明


車椅子の操作方法の説明

バリアフリー歩道と一般の歩道の違いの説明を受け、車椅子の乗り方から方向転換の仕方、段差も乗り越方法など、詳しい説明を受けてから実際に体験しました。

①-2 車椅子&白杖体験

車椅子の方や目の不自由な方にとって、少しの段差や障害物がどれほど大変で危険かを学び、歩道や公共施設でのバリアフリーの大切さを体感しました。

②災害対策車輌見学

国土交通省の保有する災害対策車両の使用目的・用途について学習しました。