各種講習会LECTURE

第15期【13回】出展技術発表会を開催致します(令和4年12月7、8日)
~発表資料を掲載してあります~

2022.11.09(水曜日)掲載

出展技術発表会は、建設技術者の方々を主な対象に、公共工事に係る技術者の知識習得及び技術の普及を図ることを目的として、第15期建設技術展示館の展示技術を、出展者自らが発表するものです。会場(さいたま新都心合同庁舎1号館2F講堂)とMicrosoft Teamsによるオンライン配信とのハイブリッド開催です。
※感染症拡大状況等によりオンライン開催に変更する場合がございます。

■日 時: 【1日目】令和4年12月7日(水)13:00~16:30(受付12:15~)
     【2日目】令和4年12月8日(木)10:00~16:00(受付  9:15~)
■会場・定員: ①さいたま新都心合同庁舎1号館 2F講堂(埼玉県さいたま市中央区新都心1-1) 各日200名
オンライン配信(
Microsoft Teamsによる配信) 各日100名程度
       ※会場①での発表を同時にオンライン配信(会場②)を予定。 (①と②の合計 各日300名)
※定員になり次第〆切ります
■内容:出展技術発表 テーマ:「Society50を実現する新技術」
              「防災・減災・国土強靱化、インフラ長寿命化技術」
  発表者:14者 (講演を除く)※詳細は別添参照
■聴講費:無料
■申込期限:令和4年11月30日(水)

重要】 オンライン配信を聴講する場合は、次の①~③のいずれかの環境を整えていただく必要があります。 ①Microsoft Teamsがインストールされている。(有料サービスに加入の必要はありません。) ②Microsoft edgeが利用できる。 ③google chromeが利用できる。 上記のいずれかの環境を整えていただくと、事務局から送付するMicrosoft TeamsWeb会議室へのリンクから聴講することができます。 Web会議室へのログインは、各日の受付時間よりアクセス可能です。
CPD認定単位数           :  1日目 2.5単位 2日目 4.5単位
CPDS認定ユニット数 :   1日目 4ユニット 2日目 5ユニット
※オンライン配信(会場②)による聴講及びオンライン開催の場合は、CPDSプログラムの認定は
  受けられません。
またオンライン聴講で(公社)土木学会CPDプログラム単位取得御希望の方は受講後2日似内に 「100文字以上の所見」を事務局宛にメールにてご送付頂く必要がございます。 事務局で確認させて頂いた上、受講証明書をお申し込み頂いたアドレスへ送付させて頂きます。
【第13回出展技術発表会】チラシ
申込書(第13回)【○○株式会社等】
申込みメールアドレス
※上記アドレスが開けない方は下記アドレスに申込書をExcelのまま添付し、お申込みください。
お申込アドレス:kense-te@sweet.ocn.ne.jp
なお聴講資料が必要な方は当ホームページよりダウンロードし各自で印刷してくださいますようお願い致します。

発表資料《1日目》
●12月7日(水)

【1-1】講演_関東地方整備局のICT推進の取組

【1-2】RFID構造物診断技術WIMOの概要と適用実績

【1-3】Society5.0を実現するSAKAIの技術

【1-4】Jシステム

【1-5】生産性向上に向けた鹿島の最新技術

【1-6】点群データの活用 -現場への浸透-

発表資料《2日目》
●12月8日(木)

【2-1】渋滞を抑制する新たな床版取替工法「DAYFREE」

【2-2】豪雨・地震の複合災害に備えた「盛土強靭化技術」

【2-3】土構造物の耐震補強技術

【2-4】ヒロ結合工法

【2-5】無人化施工技術

【2-6】UVPPS工法

【2-7】密閉式吊下げ型コンベヤ

【2-8】超撥水材料HIREC

【2-9】大成建設グループのインフラ長寿命化・メンテナンス・補強技術