建設技術展示館について ~ABOUT US~ABOUT

建設技術展示館は、最新の建設技術や取組をパネルや映像、模型等で展示しており、一般の方から学生、技術者といった幅広い層に、必要なときに、「見て!触れて!知る(学べる)!」体験型施設です。

【第15期】は下記テーマの技術を集めました。
●「Society5.0を実現する新技術」に関する展示
●「防災・減災・国土強靱化、インフラ長寿命化技術」に関する展示
これら100以上の技術と、国・自治体・関連団体の取り組みについての展示を行っています。

屋内展示場では、建設技術を分かりやすく説明した出展技術コーナーのほか、建設技術の歴史や来館者みずからが体験できるふれあいコーナーやVR体験コーナー等があります。また普段では中々お目に掛かれない、実際の災害時に活躍している災害対策車両も事前にお申込(団体見学)頂ければご覧になれます。

屋外展示場では、被災橋梁(実物)や老朽化橋梁(実物)、シールドマシン、樋門・共同溝の施工プロセス、44種類の舗装技術を紹介したプロムナード、車椅子によるバリアフリー体験等があります。

利用案内HOW TO

開館日 火曜日から金曜日 (祝祭日および年末年始除く)
開館時間 午前10時00分から午後4時00分まで
入館料 無料

団体見学について

団体見学をご希望の場合は団体見学・研修のページから事前にお申込みください。
※個人のお客様で展示館内の御見学のみの場合は、お申込不要です。
ただ災害対策車両の御見学や説明、またご体験を御希望の場合は、事前に団体見学のお申込をお願い致します。
少人数でも対応させて頂きます。

建設技術展示館へのアクセスACCESS